海外転勤でマンションを貸すことになりました

一番困るのは購入したマンション

マンションを貸す | 収支を検討する~不動産基礎知識:貸すときに知っておきたいこと ...

商社に勤めていますが転勤や出向が多いことで知られている仕事で、新卒採用の面接で必ず聞かれるのは転勤の話で、以前であれば当たり前の事でしたが、今は人手不足なので役職員行動規範の中に転勤や地方への出向が出来ない場合には、そのことについて上司の許可があれば、東京から離れなくても良いことになっていますが、商社マンで有れば海外転勤や国内での出向は仕方ないことだと考えて入社した覚えが有ります。
同期がニューヨークでこちらが南米だと落ち込んだことも有りますが、いろいろな国に行けるので商社に勤めている人に取っては、当たり前でそしてプライドも有りました。
日本大使館が無い国も多く、他社の商社マンと助け合いながら仕事をしたことも何度となく有ります。
転勤が大変になったのは、子供が生まれたこととマンションを購入したことでした。
子供が小さいうちは一緒に転勤しましたが、小学校に入学すると3年間は日本に帰れないので現地の日本人学校に入学するか、家内の両親に預けることになりますが基本的には家族全員で転勤することにしています。
一番困るのは購入したマンションで、3年間の転勤の時は他人に貸すことはしないで定期的にマンションの管理会社に頼んで、家の空気の入れ替えや掃除などを頼んでいました。
それでも帰国したから、管理して空家にしたマンションに住むにはハウスクリーニングの専門会社に依頼して普通に住めるようになるには、1週間位掛かりました。

マンションを売るか貸すかで迷ったらどうする?指標PERが役に立つ!https://t.co/C9f8QSCZ4S

— 白雨 (@toreber2) 2019年9月28日

一番困るのは購入したマンション | 上手く貸せれば多少の生活費も手にすることが出来る